肌がキレイ2016.com|美容ネットワークで美人肌になろう

美白ケア化粧品は安全?危険性はない?

美白ケア化粧品は安全?危険性はない?

以前、有名な大手化粧品メーカーの美白ケア化粧品で、肌トラブルを起こす人が続出し、テレビなどで取り上げられるなどニュースになったことがありました。それから、美白ケア化粧品に対して警戒心を持つ人が増えたことも事実です。

■ボトルのデザインや知名度などではなく、成分をしっかりチェック
ボトルやパッケージのデザインが気に入ったり、宣伝が多くされたりしていて有名な化粧品には、つい手が伸びてしまいがちです。見た目や、なんとなくのフィーリングで化粧品を選んでしまう傾向がある人は注意が必要です。

化粧品の中には、高い効果をはっきするために、強い成分を使っているものもあります。肌への刺激が心配されるので、成分を自分でしっかりとチェックする必要があります。厚生労働省が認に認められ、薬事法の基準をクリアしていることが大前提になります。

■国の基準をクリアしていても、トラブルが起きないとは限らない
白斑症を発症させてしまった美白ケア化粧品の成分は、厚生労働省の許可がおりており、薬事法の基準もクリアしていました。それでも非常に低い確率ではありましたが、トラブルが起きてしまいました。

白斑症というのは、肌の一部分がまだらに白くなったり、白いシミができたりする症状です。発症する確率はごくわずかだったのですが、使用人数が多かったため、1万人をはるかに超える被害が報告されました。

国の基準をクリアしていても、トラブルが起きてしまった事例があります。最低限、安全性を確かめるために、成分を確認することが必要ですが、それだけでは不十分です。

■自分の肌に合うかどうかを見極める
国の基準をクリアしている成分の中にも、自分の肌にはストレスを与えてしまうものもあるかもしれません。出来る限り安全性の高い成分が使われているものを選び、もし使っていて少しでも違和感があれば、直ちに使用をやめましょう。

肌にストレスをかけることが、トラブルを生む原因です。全ての化粧品を選ぶうえで、肌への刺激、ストレスが少ない物を選ぶのは最も大事なことです。広告や評判に頼るだけでなく、自分で自分の肌に合うかを見極めましょう。嫌な刺激がないかどうか、使用感を重視してみてください。

■限りなく危険性が低い物を自分で選ぶことはできる
安全だと誰もが思っていても、わずかな確率でトラブルが起きてしまうことが過去にありました。安全性の高い成分のものを選び、使用感を重視することで、自分の肌にとってよい化粧品を選んでいきましょう。

米肌 トライアル 楽天と公式どっちが安い!

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ