肌がキレイ2016.com|美容ネットワークで美人肌になろう

美白ケア化粧品によるかゆみとかぶれ

美白ケア化粧品によるかゆみとかぶれ

美白ケア化粧品に限らず、化粧品はどんなに効果で評判がいいものでも、肌に合う合わないの個人差があります。そのときの肌の状態によることもありますし、化粧品の成分自体が合わないこともあります。

■今まで使っていた化粧品が急に合わなくなることもある
今まで使っていたり、過去に使って問題がなかったからといって、絶対に安心できるとは限りません。肌の健康状態がいいと、比較的どの化粧品でもいい効果が得られます。逆に、肌が荒れていたり、不健康な状態だったりすると、多くの化粧品が刺激になって肌トラブルが起こりやすくなります。

30代は、注意が必要な時期です。ターンオーバーの周期が遅くなったり、ホルモンバランスや生活習慣が変わることが多いので、肌の質がかわりやすいです。

今まで使っていて問題がなかった化粧品でも、急に赤みやかゆみ、痛みがでることもあります。そうした肌トラブルが起こった時に、いつも使っている化粧品を疑うことはあまりしないでしょう。そのため、原因が化粧品だとわからない場合も多いです。

毎日の肌の状態をきちんとチェックすることが大切です。特にかわったことをしていなければ、使っている化粧品から刺激を受けた可能性があります。

■はじめて使用する化粧品はパッチテストをしてから
はじめてつかう化粧品は、肌に合うかどうか心配になりますね。パッチテストを行うといいですよ。特別な道具は必要ありません。少量を肌の一部につけて使用してみるだけです。赤くなるなど、とくに異常がなければ肌全体に使ってみても大丈夫です。

はじめての使う化粧品の場合は、まずは試供品を手に入れることをおすすめします。本品を買うと、結構な値段になるものもあります。肌に合わなかった時のことを考えると、やはりパッチテストをしたり、試したりすることが必要なので、試供品や、トライアルセットから使ってみるといいですよ。

■化粧品によるトラブルが起きてしまったら
化粧品を使った後に、肌が赤くなったり、痛みやかゆみがでたりした場合は、その化粧品は肌に合わないということです。肌に刺激と大きなストレスを与えているので、すぐに使用を中止し、水で洗い流すなどしてください。

かぶれてしまったり、赤みが治まらなかったりする場合には、皮膚科を受診した方がいいかもしれません。

■安全に化粧品を使用するために
普段の肌の様子や、化粧品を使ったあとの肌の様子をきちんと観察することが大切です。肌の状態によっても、使える化粧品は変わってきます。

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ