日焼け後の美白ケア

美白ケアは予防が最も大切です。ですが、紫外線を浴びてしまったあとでも、きちんとしたケアを行えば、メラニンの生成を抑え、日焼けを防止することができます。

■最も大切なのは予防
紫外線を浴びることが事前にわかっている場合には、日焼け止めクリームなどであらかじめ対策をしましょう。日焼け止めの効果をより確かなものにするためには、正しい塗り方を知っておく必要があります。

顔はTゾーンに濃く塗ればいい訳ではありません。顔全体に塗る必要があります。こすったり、のばしたりするような塗り方では、ムラができてしまいます。適量を指にとり、軽くたたくようにして、まんべんなく肌に乗せていくような感じで塗布します。肌が露出する場合には、首や耳の後ろ、うなじなども忘れないようにしましょう。腕や足なども含め、露出する部分にはすべて日焼け止めを塗ることをおすすめします。

日傘を使う場合には、なるべく低く、顔に近い位置に傘を持っていきましょう。紫外線は上からだけでなく、ビルや地面の反射によって、あらゆる角度から浴びます。傘をできる限り低く顔の近くでさすことによって、上からだけでなく、横からの紫外線も防げます。

■十分に予防できないこともある
日焼け止めは、汗をかいたり肌をこすったりするとはがれてしまいます。日傘も、完全に紫外線を遮断できるわけではありません。意識の有無に限らず、日常生活のなかでどうしても紫外線を浴びてしまっています。

どんなに意識をしても、予防が十分に行えないこともあります。

■紫外線を浴びたら、きちんとケアする
紫外線を浴びても、直ちに日焼けをしたり、シミができたりするわけではありません。メラニン色素が時間をかけて生成され、黒い肌をつくるのです。

メラニン色素が生成される前に、対策を行うことが肝心です。紫外線を浴びたら、ビタミンC誘導体が配合されている美白ケア化粧品を使いましょう。ビタミンC誘導体が、メラニン色素の生成を抑えるので、肌が黒くなるのを防いでくれます。

たくさんの紫外線を浴びてしまったからといって、あきらめるのは早いです。紫外線を浴びた後でも、美白ケアを行うことによって、メラニンの生成を抑え、シミやそばかすを防ぐことができます。

■美白ケアは総合的に行うもの
美白ケアは、日焼け止めクリームなどを使った予防が最も重要です。ですが予防にはどうしても限界があります。美白ケア化粧品を使って、紫外線を浴びてしまった後のケアをしっかりと行うようにしましょう。

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ